病院ではなく家で治療したい
静岡をはじめ、全国各地で訪問看護がおこなわれています。本来ならば、病院でしかるべき治療を受けるのがベスト。病院ならば万が一のことがあっても、すぐに対応できます。もちろん病院は完璧ではなく、場合によっては対処できないこともあるでしょう。でも近くに医師がいるだけでも、安心感はかなりのものになります。
しかし中には、病院ではなく家で過ごしたいと考える方もいらっしゃるでしょう。近くに医師はいなくても、家の中で過ごす安心感は病院の比ではないからです。

自宅療養のデメリット

家の中で過ごすのは良いことですが、同時にデメリットもございます。家族に医療関係者がいれば何とかなるでしょうが、医療の「い」の文字も知らないなら大変です。医療器具の取り扱いを少しでも間違ってしまったら大惨事。
最悪なのは、自己判断での治療になります。病院であれば医師の指導の元で、治療で進められるでしょう。しかし自宅での治療となった場合、万が一医師の資格がない者が勝手に判断して間違ったやり方をしてしまう恐れがあります。

訪問看護は頼りになる

そこで頼りになるのが、訪問看護です。看護師が直接自宅に訪れて、その人の病状に合った看護をほどこします。主治医の指示の元で進められるので、病院と同じような治療も受けられるでしょう。療養生活においてのアドバイスもしてくれるので、しっかり聞いて実践すれば良い方向へと動いてくれるはずです。
訪問看護で来るのは看護師ですが、理学療法士や作業療法士が訪れる場合もございます。

訪問看護の利用方法

訪問看護を利用する際に、まずは主治医に相談して下さい。主治医に相談する時に「訪問看護指示書」についても聞きましょう。「訪問看護指示書」は、訪問看護を受ける上で必要になる書類です。ご家族が訪問看護を希望しているのなら患者本人に、患者本人が訪問看護を希望するのならご家族の型に伝えるのも必要です。そして訪問看護ステーション等に赴き、手続きへと移ります。
ちなみに料金は、介護保険や医療保険によって大きく変わります。