脳梗塞で車いす生活を余儀なくされた叔母の家では、急きょバリアフリーにリフォームしました。

玄関は3段ほどの階段があるのですが、そこにスロープを付けると急坂になってしまう為、庭に面したリビングの前にサンルームを増築し、その中にスロープをつけました。

駐車場から直接サンルームを通ってリビングに入れるので、風雨にあたることなく家に入れます。

サンルームは物干し場も兼用していて一石二鳥です。

バリアフリーリフォームは介護の専門家に依頼

茨城の介護用品を扱う会社では、リフォームも行っています。

もちろん、評判の良いリフォーム会社はいくつもあるのですが、バリアフリー化に関しては、介護について詳しいリフォーム会社がいいですね。

例えば手すり一つ設置するのでも、つかまりやすい高さや、握りやすい形状など、使う人の立場に立って考える必要があります。

スロープも急こう配にならない、長すぎないなど実際に使用するシーンを考えて設計しなければなりません。

介護用品を扱う業者なら、車いすの形状もよく理解していて、介護する側もされる側も生活しやすいような設計が可能です。

一般のリフォーム会社に依頼するとしても、ケアマネージャーや介護用品を扱う会社の人に相談しながらリフォームをすすめていくことをお勧めします。