メリットは
東京の職場で検診車を利用すると、医療機関に行かなくても健康診断ができます。
職場だけでなく、ホテルや公共施設でも実施ができます。
定期健診や生活習慣病予防検診など、ニーズに合わせた利用が可能です。
一人一人が病院に行くよりも、受診時間が短縮できます。
仕事の合間に受診できるので、受診率がアップします。
受診率がアップすることで、病気の早期発見が可能でしょう。
スケジュール調整をする、健康診断のスタッフの業務も軽減されます。

利用条件
大型バスを使うので、駐車できる場所が必要になります。
診察・計測・採決をする室内スペースも必要で、食堂や会議室を利用するケースが多いです。
人数は医療機関によって異なりますが、相談に乗ってくれます。


スケジュール
実施日の3か月から6か月前に、日時・受診項目・会場・人数を調整します。
春と秋は巡回検診が多いので、早めに申し込んだ方がいいでしょう。
健康診断の1か月前には、受診者の名簿を提出します。
2週間前には、受診表・問診表・検体容器が届きます。
問診表には、食事制限などの情報が書いてあるので注意が必要です。
当日は、受付から健康診断終了まで対応してくれます。
2週間から3週間後に、健康診断の結果が届きます。



健康診断に悩んでいる担当者の方へ
東京で検診車を利用して、健康診断をするのはこんな悩みがある担当者におすすめです。
・社員が忙しいので、短時間で健康診断を終わらせたい
・病院で個別に受診すると、受診率が上がらな
・ひとりひとりの健康診断の把握に、時間が掛かる
健康診断の費用の節約のためにも、巡回検診を利用しましょう。


定期健康診断の対象者
労働安全衛生法では、労働者に定期健康診断を毎年1回しなければならないという規定があります。
定期健康診断は正社員だけでなくパート社員でも、週の労働時間が正社員の4分の3以上で1年以上継続雇用は対象者です。
健康診断は会社の義務なので、費用はすべて会社負担です。
従業員の方にも、健康診断のことを理解してもらいスムーズに実施ができるようにしましょう。