沖縄県は本土に比べ気候が異なります。
そのため、木造住宅といっても本土と同じような形ではうまくいかないことも少なくありません。
しかし、沖縄県だからこそのメリットといったものもあります。
今回は沖縄県で木造住宅を建てるメリットの他、デメリットについても解説していきます。

・沖縄県で木造住宅を建てるメリット
沖縄県で木造住宅を建てるメリットは自由度が高い、沖縄の環境に合わせられるといった点が挙げられます。
木造お住宅は鉄骨や鉄筋コンクリートに比べると間取りの自由度が高いため、自由な間取りを設計できます。
木造によって間取りを削ったり、追加したりといったことも柔軟に対応し、魅力的な住宅が建てられます。
また、ライフステージに応じて間取りを変えられるといったメリットもあるので、沖縄で長く済む場合はメリットも大きいといえるでしょう。
沖縄の環境にも合わせられます。
湿度が高いことや台風が多いことが特徴の沖縄の気候に合わせて湿気対策やシロアリ対策や災害対策なども木造住宅で対策できます。
一見木造住宅は沖縄に不向きのような印象を受けますが、工法や間取りなどを工夫することで快適な沖縄の生活が営めるでしょう。

・デメリットもある沖縄県の木造住宅
沖縄県の木造住宅はデメリットもあります。
それは、沖縄では少数派、十分な対策をしないとシロアリが発生するといった点です。
沖縄県に住んでいる方であればご存知の通り、沖縄の一戸建てはコンクリート造が多い傾向があります。
それは、沖縄に戦後材木が慢性的に不足していたことなどが挙げられます。
そのため、コンクリート造の住宅を得意とする職人が多く、木材住宅を得意とする職人は少なめです。
こういった傾向があるので、きちんとした業者選びが重要です。
また、木造住宅はシロアリ対策をしていないとシロアリが発生しやすくなります。
こういったデメリットがあるため、沖縄県で木造住宅を建てる場合は、業者選びを慎重に行いましょう。