・測量を依頼する場合とは
大分で測量を依頼するにあたって、料金相場を知るためには、どのような方法があるかなどを知っておく必要があります。
知ることによって、料金が高すぎたり安すぎたりすることに気づくことにもつながるからです。
不動産を売却する先には、登記簿証明書を提出しなければなりません。
登記簿とは、不動産に関する所有者や以外に関することが記載されています。
法務局で、管理されています。
登記簿に記載された土地の面積と、実際の面積とが異なることがよくあります。
不動産が古いほど、正確な調査が行われていないことがあるのです。
近隣との境界がはっきりしていない場合にも行われます。
相続を行った場合には、相続税が発生します。
土地の面積が明確でないと、相続税の計算を行うことができません。
10か月以内に相続税を納めなければならないので、通常の売却よりも急を要します。
測量を行う方法には、大きく3通りあります。
現状測量、境界測量、確定測量です。
境界、確定測量は現状測量と比べて、工程や手続きなどが複雑です。
立ち合いも必要です。
時間も費用もかかります。

・気になる測量の金額の相場は
料金相場は、数十万ないし100万円を超えるところもあります。
地域、工程、様式、手段なども異なるため、一概にはいえないことがあります。
A地域とB地域で同じくらいの面積で測量を行った場合、3倍程度の差が出ることがあります。
携わる職種によっても、変わってきます。
大分の測量の専門家は、測量士と土地家屋士です。
測量士は、測量のみ行います。
土地家屋士は、登記も行うことができます。
登記を扱える専門家には、司法書士、行政書士、弁護士などです。
相続税に関する場合は、税理士のアドバイスも必要でしょう。
大分の測量の専門家は、見積もりが無料のところもあります。
何社か比較してみましょう。