・足場の意味は?
「足場」という言葉には、色んな意味が込められています。「足場を固める」というように、何かを始めることにより基盤をしっかりするという意味で使われることもあります。ただ多くの場合は、工事現場や高所工事のために組まれる足場を指します。
相模原でも足場が組まれている工事現場を見ることもあるでしょう。工事現場で見る「足場」は奥が深く、突き詰めれば突き詰めるほど際限がなくなります。


・工事現場で組まれる足場について

工事現場で組まれる足場は、英語で「scaffold」か「stage」と呼ばれます。足場工事には色んな種類があり、枠組足場・単管足場・ブラケット一足足場・くさび緊結式足場・張出し足場・吊り足場・吊り棚足場・丸太足場とあります。また足場の組み立て方法により、本足場・一側足場・二側足場・棚足場があります。
足場を組む人は、鳶職と呼ばれる方々。鳶職で足場を組み立てるには、しっかりした技術と知識を持っている人が担当。ちょっと仕事のコツを教えてもらっただけの人が、担当することはありません。

・足場を組む人は?
足場を組むのは、しっかりとした技術を持っている人。しかし「絶対に大丈夫」と、言えないのが現状です。建築現場において、志望労働災害の第一位は転落です。転落の多くは、足場からが多いです。国では事故を防止するために、手すり先行工法を推奨しております。
手すり先行工法とは、手すりを先行して足場を組み立てる方法です。足場を解体する時は、手すりを最後の最後に残して解体します。

・枠組み足場
数ある足場の中で、最もメジャーなものは「枠組み足場」でしょう。ジャッキベース・交差筋違・鉄鋼布板の基本部材を組み合わせ、構成する仮設足場です。建築物の建物の外壁に沿って、設置される足場です。
使う部材は、国側が決めているものを使用。古くから使われている足場ですが、確かな足場ができるので信頼度が高いです。転落事故を完璧に0にするのは、大変難しい課題。でも安全に力を入れ続ければ、事故ゼロも夢ではなくなるでしょう。