・医療用ガスとは何か?
・医療用ガスの配送とはどんな仕事か?
・医療用ガスの配送を行うメリットやデメリットを知りたい

上記のような思いを持つ方も多いのではないでしょうか。
本記事では、医療用ガスの配送の仕事や、そのメリット・デメリットについて解説します。

医療用ガスとは?
医療用ガスとは、病院やクリニック、介護施設などの医療機関で使用されるガスで、大きく分けて二つの種類があります。

一つは医薬品として使用されるガスで、例として医療用酸素が挙げられます。医薬品ガスは、肺機能が低下した患者に酸素を供給するために用いられます。

もう一つは医薬品以外で使用されるガスで、ヘリウムが該当します。ヘリウムは、液化状態の極低温特性が活かされ、MRI機器の超伝導電磁石を冷却するために利用されます。

2種類の医療用ガスは、高圧ガス保安法や「医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律」に基づく厳格な管理と運用が必要です。

参考:高圧ガス保安法


参考:医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律

医療用ガスの配送の仕事とは何か?
医療用ガスの配送は、病院や介護施設、自宅療養中の患者へ必要なガスボンベを届ける重要な役割を果たします。

配送にはトラックを使用するため、準中型または中型免許が必要です。

仕事内容は、一般的なドライバーと同じように朝に出勤し、車両の点検後にガスメーカーへ向かいます。医療用のガスボンベを積み込み、医療施設へ配送し、必要に応じてボンベの交換を行います。

配送作業はルート配送に似ていますが、営業活動は伴わず、配送と交換に特化しています。

医療用ガスの配送は、シンプルな仕事に見えますが、医療現場や療養中の患者にとって重要な役割を担っています。

医療用ガスの配送を行うメリット・デメリット
医療用ガスの配送には、いくつかのメリットがあります。

まず、高齢化社会の進行と医療需要の増加により、需要が安定しており、景気変動の影響も少ないため、安心して長く働けます。

また、ルート配送であるため、毎日同じコースを走り、繰り返し作業に慣れれば比較的楽な職種です。

一人で運転するケースが多いため、自分のペースで働ける点も魅力的です。

一方、デメリットも存在します。

ガスボンベを取り扱うため、安全に配送する責任感が求められます。交換作業では、重たいボンベを運ぶ必要があるので、力作業が苦手な方はきついと感じるかもしれません。

医療用ガス配送は責任感と体力が必要ですが、安定性と働きやすさを兼ね備えた仕事です。

本記事では、医療用ガスの配送の仕事や、メリット・デメリットについて解説しました。
ぜひ、参考にしてみてください。