地震や台風など災害の多い日本。

最近では異常気象による大雨で土砂崩れや河川の氾濫、決壊など災害に立て続けに見舞われています。

「未曽有の〇〇」とか「かつてない」「100年に一度」など死語になりつつありますよね。

それほど災害が日常になってしまっています。

災害が起きたとき、そして災害を防ぐため、色々な分野で活躍している人たちがいます。

測量設計の仕事もそのひとつ。

愛媛の測量設計の会社は、人々の暮らしの安心安全の為に活躍しています。

測量設計の仕事

こちらの会社では、次世代につなげる良い社会環境、自然環境づくりのため、護岸や砂防ダム工事など社会インフラ工事の測量・設計を行っています。

道路や河川に架かる橋、堤防、ダムなど社会インフラを支えるこれらすべて綿密な測量とそれをもとにした正確な設計で安全を保っているのです。

大雨で氾濫や決壊が起きないように河川の安全度を高めるための改修設計を作成したり、道路の改良設計などを行っています。

大切な水源であり、洪水被害を防ぐダムの管理も防災にかかわる測量設計の仕事。

そして起こりえる自然災害を想定して、迅速に復旧するための災害復旧計画も立案しています。

災害から人々の暮らしを守るため、頑張っている人たちがたくさんいることを忘れてはいけませんね。