主婦の人は、毎日欠かさずに行う料理ですが、パートなどの仕事をしたりしていると時間が足りません。

料理を作る時間を時短すれば全体的な時間にも余裕が出てきます。

料理を作る際の、時短テクニックを使って効率良く家事が進められると楽になります。



下ごしらえはまとめて行う

料理を作る場合に時間がかかりやすいのが下ごしらえです。

野菜などは、皮を剥いたりカットしたりと非常に手間がかかります。

この下ごしらえを料理を作る際に、毎回行っているととても時間が足りません。

事前に下ごしらえをまとめて行っておくと料理を作る際の時短に繋がっていきます。

ニンジンやピーマン、玉ねぎなど日頃の料理で良く使う野菜類をあらかじめまとめてカットしておきます。

カットする際には、どのような料理にも使えるように細切りや乱切り、輪切りなど様々な切り方にしておくと便利です。

日頃の家事の時間の中で、空いた時間や隙間時間を有効に使って、野菜などをカットしておき冷凍保存しておくと、次回以降に料理を作る際に下ごしらえの工程を飛ばして、料理が作れて時短になります。



万能的な調味料を揃えておく

料理を作る時に、出汁はとても重要となります。

しかし、出汁を一から作っているとかなりの時間を要してしまいます。

現在は、美味しい出汁や調味料がたくさん市販で販売されています。

どんな料理にも使える麺つゆをはじめ、塩昆布出汁や鰹出汁など作らなくても買い揃えておくと、すぐに使えて美味しい料理を作れます。

下ごしらえと同様に料理の出汁も事前に準備しておけば、料理の時短が出来ます。

出汁や調味料類は、市販の物に加えて作り置きしておくといざという時に役立ちます。

料理の基本となる出汁や調味料を揃えておく事はとても大切です。




まとめ

主婦は、日々家事で時間に追われてしまいます。

毎日、料理を作ったり買い物に出掛けたり、子供の育児などであっという間に時間が過ぎていってしまいます。

そんな、忙しい中でも料理に使う時間は多くなります。

まとめて下ごしらえをして冷凍保存したり、出汁や調味料を作り置きや買い揃えておくと、一回ごとの料理を作る時間を大きく節約出来ます。

野菜をカットするときは、ついでに多めにカットして保存したり、意識しておくと時間を効率良く使えます。