病院やクリニックを受診すると処方箋が出て、調剤薬局でお薬を処方してもらいます。

調剤薬局はどこにでもありますが、どこでも利用できるのですが、どのような使い方をするのがベターなのでしょうか。

クリニック近隣の調剤薬局を利用する

一般的には受診したクリニックの近くの調剤薬局で処方してもらう方が多いと思います。

すぐに立ち寄れるので便利ですし、薬の種類もクリニックに合わせて用意されているので、在庫不足で二度手間になることもありません。

ただ、複数の薬を服用していたり、体調面で不安のある場合にはお薬手帳がるとはいえ、管理が十分に行き届かないこともあるかもしれません。

かかりつけの薬局を利用する


2016年からかかりつけ薬剤師制度が始まりました。

かかりつけ薬局を利用すると、一元化して服薬管理をしてもらえるので安心です。

複数の病院で処方された薬はもちろん、市販薬やサプリメント、健康食品などすべて把握して、成分の重複や飲み合わせなどの注意点をアドバイスしてもらえます。

かかりつけ薬剤師指導料が追加されますが、いつでも服薬に関する相談ができるので安心ですね。

大阪の調剤薬局


大阪の調剤薬局「アルファ薬局」はかかりつけ薬局として、健康づくりをサポートしています。

在宅医療にも対応していて、医師や訪問看護師、ケアマネージャーやヘルパーさんとも連携を取って、薬をお届けしています。

また、LINEでお友達登録をして、処方箋の写真を送れば、待ち時間なしでお薬が受け取れますよ。