映画「ヒノマルソウル」の公開が近づき、長野オリンピックに再びスポットが当たっていますね。

長野オリンピックは23年前、1998年に開催された冬季オリンピック。

ヒノマルソウルの舞台となっているスキージャンプでは、日本が金メダルを獲り、日本中がテレビの前で大喜びしたことを今でも思い出します。

長野オリンピックの開会式・閉会式を行ったのが長野オリンピックスタジアム。

長野市篠ノ井地区にあり、現在では南長野運動公園の野球場として使われているそうです。

長野市篠ノ井地区

長野市の最南端に位置する篠ノ井地区は、風光明媚な自然に囲まれたエリアで、駅周辺には生活に必要な商業施設や公共施設、銀行、病院などがコンパクトにまとまっていて、住環境に優れているそうです。

近くには動植物園があったり、公園も多く子育て世代に人気のエリアです。

篠ノ井地区の教育環境

篠ノ井地区には塾も多く、集団塾・個別塾とも、全国展開の大手塾・地域に特化した個人塾など選択肢も広がります。

長野はかつて教育県と呼ばれていましたが、現在はどちらかというと人格を育てる県と言えるかもしれません。

自然に囲まれた環境で、健やかな人格が形成されるんですね。

学習塾においても詰め込み授業でなく、学習することの楽しさを学ぶなど特徴的な塾もあります。