高齢者の福祉施設ではショートステイというサービスがあり、自宅介護をされているご家庭では利用されたこともあるでしょう。

ショートステイは高齢者ばかりでなく、子供が利用する施設もあります。

子供向けのショートステイ

子育て中の保護者が病気や出産、仕事などで、一時的に育児が困難になった時、ショートステイに子供を預けることができます。

母子家庭や父子家庭、近くに祖父母などの親族がいない場合、何らかの理由で育児が出来なくなった時、どうすることもできませんよね。

このような時に一時的に子供を預けることができるショートステイのサービスがあります。

各自治体が主体となって運営している「子育て短期支援事業」として行っているので、困ったっ時には相談すると良いですね。

障害児のショートステイ

障害児を療育しているお家でも、利用できるショートステイがあります。

障害を持つお子さんがいると、一時も目を離すことができません。

保護者が病気になったりして家庭での療育が難しくなった時、また介護疲れから少しだけ休みたい時など、短期で宿泊療養できる施設があります。

こちらは民間の施設もあり、放課後等デイサービスなど、障害児の療育を行っている施設などが、ショートステイのサービスを行っています。

経験豊富なスタッフがいるので安心して預けることができますね。