目標を立てることの大切さについてはよく語られますが具体的な目標設定のやり方について間違えている人は驚くほどたくさんいます。


目標はただたてればいいというものではありません。


人それぞれ異なる達成感の感じ方にふさわしい目標を設定することがよりよい未来へとつながります。



達成感とはなにか


人が達成感を感じるパターンは「外的評価」と「内的評価」のふたつに分けられます。


他人や社会から認められるのが内的評価、自分自身を認めるのが内的評価です。

どちらを大切にするかは人により異なります。


もう一つの分類が「現実的評価」と「抽象的評価」です。


お金や地位など具体性を伴うものが現実的評価、賞賛やあこがれのように形のないものが抽象的評価です。


人間の達成感はこの2つの組み合わせによる4パターンに大別されます。


どんなことに達成感を感じるのかを正しく理解することで自分にふさわしい目標達成が実現します。




「外的評価」と「現実的評価」ははっきりとした目標を持つアスリートタイプ2と


「外的評価」と「現実的評価」を重要視する人ははっきりとした目標がふさわしいアスリートタイプです。


過去の記録や実績、業績や数字など客観的な評価を重要視するタイプなので具体性を伴う数値目標がやる気に繋がります。


新しくお店を出すときの目標として売上金額や店舗数を目標設定にするとやる気が出るのがこのタイプです。




「外的評価」と「抽象的評価」は人気者になりたいアイドルタイプ


「外的評価」と「抽象的評価」に価値を感じる人はとにかく他人から好かれたいアイドルタイプです。


感謝の声や喜びの言葉、知名度といった注目をあびることに対して喜びを感じるタイプなので人を巻き込むような目標設定が向いています。


人気ランキング1位や行列の出来る店といった直接的な人からの支持がわかるような目標をたてると達成感を得られます。



「内的評価」と「現実的評価」は道を極める職人タイプ


自分の納得する理想と他社からの要求達成を目指すこのタイプは道を追求する職人タイプです。


挑戦やこだわりに達成感を感じるので自分自身の成長につながるような目標が向いています。


お店をやるなら売上や人気よりも自分の納得する商品を提供することを重視するので品質へのこだわりを目標にしましょう。



「内的評価」と「抽象的評価」は探求する研究者タイプ


発見や階名など具体的な成果を重視しつつも他人との比較を好まず事故評価を重視するこのタイプは真実を追求する学者タイプです。


道への探求や理論の証明など仮設を実証する形の目標を設定すると高いやる気が生まれます。


現状を分析し臨機応変に対応することに喜びを感じるので問題解決的な目標設定が成果を生み出します。


まとめ

目標とは単なる目印ではありません。


どのような手段で理想を現実にするのかを示すものが目標であり、目標を設定することで具体的な方法が明確になります。


どんなに立派な目標でも自分にあわなければ意味がなく、目標を設定しただけでなにか成し遂げたような気になっているうちは成功など夢のまた夢です。


どんなことに達成感や充足感を感じるのか、自分自身の性質を理解することが目標設定に向けた第一歩になります。


よりよい未来を実現するためにもふさわしい目標を設定して達成感につなげましょう。