誰でも利用できるわけじゃない

福祉用具レンタルは、介護保険を上手く利用すれば利用可能。介護保険で利用できる福祉用具は、全部で13種類。ただし好きな用具を自由に借りられる訳ではありません。それぞれに基準が儲けられており、基準に合った用具しか利用はできません。
さらに「要介護1」や「要支援」に関しては、一部しか利用できなくなっています。

レンタルできる用具と料金

レンタル料金は、どこの業者でも月額設定。介護保険が適用されると、レンタル料金の1割~3割負担で利用できます例えば埼玉の福祉用具レンタルの会社では、車椅子を月額7000円でレンタルしています。月額7000円のレンタルはかなりの額ですが、介護保険が適用されると月額700円です。
福祉用具レンタルの対象となる13種類は、以下の通りです。要介護2~5の場合は、車椅子・車椅子付属品・介護用ベッドなどの特殊寝台・特殊寝台付属品・床ずれ防止用具・体位変換器・認知症老人徘徊完治機器・移動用リフト。要介護1の人も含めると、手すり・スローブ・歩行器・歩行補助杖などです。

場合によっては利用できることもある

利用するのに条件がついている福祉用具であっても、場合によってはレンタルできる可能性はあります。要介護1だとしても、医師と市区町村が認めたら利用できるかもしれません。
例えば「今は」大丈夫でも、近い内に状態が悪化する恐れがある人なら、利用できる可能性はあります。また病気が原因で身に危険が襲いかかると思われる人も、認められるかもしれません。ただ実際に使えるかどうかについては、医師と市区町村の判断が全て。福祉用具レンタルの利用を考えているのなら、相談するようにしましょう。

相談しよう

福祉用具レンタルサービスを提供できるのは、福祉用具貸与業者のみです。福祉用具貸与業者以外の会社がサービスを提供するのは、許されていません。また好きな福祉用具を自由に使えるわけではなく、利用者の体調や環境に応じて適切な用具を選ぶ必要があります。
合わない用具を使って苦労するよりも、合う用具を使って快適に過ごしたいものです。