疲れているのなら温泉へ
リラクゼーションの方法は色々あります。まずは何と言っても、温泉でしょう。体がぽかぽか温まることにより血の巡りが良くなり、新陳代謝を促す働きがあります。すこし温度が高い温泉ならば、目覚めも良くなるでしょう。
また温泉の水圧は、ちょっとしたマッサージ効果が得られます。大分に住んでいるのなら、温泉は身近な存在。しかし普段仕事などで忙しく働いているのなら、温泉に行くのも難しいのが現実です。ではどうやって疲れを取り除けば良いのでしょうか。

マッサージを受けよう
おすすめはマッサージです。米子にはアロマオイルを使ってマッサージを施してくれるお店があり、コチコチに固まった体をほぐしてくれます。店によってはリラックスできる音楽がかかっているので、もしかしたら眠ってしまうかもしれません。ぐっすり眠るのは、体がほぐれている何よりの証拠です。
またスタッフに言えば、特に凝っている所を重点的にマッサージしてくれます。力加減も調整してくれるので、遠慮なく言うようにしましょう。

おすすめは足つぼマッサージ

リラクゼーションで受けられるサービスで、特におすすめしたいのが足つぼマッサージです。バラエティ番組などでは「激痛マッサージ」として紹介されていますが、実際は言うほど激痛ではありません。繰り返しになりますが、力加減は調整してくれます。痛くないように施してくれるので、怖がる必要はありません。
足裏にあるツボは、体のありとあらゆる器官と密接な繋がりがあります。痛くないようにマッサージを受けたとしても、ある箇所ではとんでもない激痛が走ることもあるでしょう。もし激痛が走ったら、どこか体調が悪いかもしれません。

凝りをほぐす方法は色々あるけども
体の凝りをほぐしてくれるグッズは、ちょっとした量販店に行けば星の数ほど見ることになるでしょう。温泉に気軽に行けるのなら、温泉に向かうのがベストでもあります。
しかしグッズを購入したからとは言え、凝りが解消されることはありません。温泉に向かうのも、場合によっては難しいこともあります。疲れているのなら、リラクゼーションを受けてみることをおすすめします。